上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.21 カオパンサー
先週「ブン・カオパンサー」(入安居祭)という仏教行事がありました。


「安居」とは、僧が雨季の3か月間、
旅行や遊行をやめて寺に定住し修行に専念することをいうそうです。


この日は大家さんが朝からお寺での托鉢に連れて行ってくれました。


前日に大家さんに何時に行くか聞いたところ、
「7時ね!」
というので翌朝は6時頃起きてゆっくり準備。


と、6時半ごろ大家さんが
「キョウコ、起きてる?」
と外から声をかけてきました。


30分も前だし、起きてるかどうか確認しに来ただけだろうと思い返事をしましたが、
まだ「キョウコー」と呼び続ける声。


玄関を開けたらもうばっちりよそ行きの格好をした大家さんが立っていました。
着替えてなかった私の姿を見て、
「まだ着替えてなかったの~」と言いたげな苦笑い…。

だって7時って言ったじゃん

ま、ラオ人だものな…。


結局7時前に寺に到着。
もうすでにたくさんの人が…。
托鉢1

お経が読み上げられ、それを聞いてお祈りします。


それが終わるとお坊さんが歩いて回るので、
お坊さんが持っている入れ物にカオニャオ(もち米)やお菓子やお金を喜捨します。


お坊さんは20数人いて、1列で歩いてきます。
そのひとりひとりの入れ物に供物をいれるのですが、
もたもたしてると入れそびれます


今回こそは供物として持ってきたお菓子やカオニャオを余らせないぞ
と毎回思って臨みますが、
いまだ入れきったことがありません。


余ったお菓子は大家さんの子供に。
これも喜捨ということになるかな

托鉢2  托鉢3
さあ向こうからお坊さんがやってくる。托鉢用意   お坊さんがたくさん。
スポンサーサイト
2011.07.06 6月のできごと
またブログをご無沙汰してしまいました。


6月はばたばたと忙しく…(言い訳)


6月に何をしてたかというと、

○6月に帰国する隊員の送別会inパクセー
 →みんなで料理して食べて、カラオケしました。

○JICAの職員がアッタプー来訪
 →「願いがかなう」という有名なお寺にお参り。
  アッタプーのタラートで珍獣発見(アッタプー人にとっては決して珍しくない)。
珍獣1  珍獣2
巨大ムササビ(?)               手前はキョン、向こうのはアライグマ(?)

○タラートの火事
 →タラート(市場)の屋根付きのエリアが全焼。教育局職員と野次馬に行く。
  放火とのウワサ…。
タラートの火事1 タラートの火事2
完全燃焼。                          放水!(消防車には日本の援助らしきマークが)

○日本食キンリアン(パーティー)
 →同任地隊員Kちゃんが6月に帰国するということで、
  帰国前にお世話になったラオ人に日本食を作りました。
  2人で浴衣を披露。が、暑くてすぐに脱ぐ…。
巻きずし
ラオ人も巻きずしに挑戦。隣のラオ人が「そうじゃない!」と口を出す(そういう彼も初心者)。

○郡保健局バーシー
 →同任地隊員Kちゃんの職場で、無事の帰国をお祈りするバーシーという儀式に参加。
  せっかくなので2人で美容院に行って髪をアップにしてもらいました。
美容院1 美容院2
今からやってもらいます!ちょっと不安…。      髪の毛が渦巻きに。大仏ヘアー(?)

○Kちゃんビエンチャン上京見送り
 →私はビエンチャンで見送りができず、ここでお別れ。
  涙、涙。あぁさみしい。これでアッタプー県にひとりになってしまった。

○アッタプーで本格的美容院体験
 →もっさもさになってきた髪の毛に耐えられず、
  そして怖いもの見たさ(?)からアッタプーの美容院にて
  髪を切って、ついでにストレートパーマしました。

○隊員総会参加
 →久々にビエンチャンに上京し、隊員総会に参加しました。
  なんと中間発表までやってしまいました。


ビエンチャンから帰ってきてからプロジェクトのモニタリングに参加し、
それも終えてやっと落ち着きました。


それにしても1年半アッタプーに一緒にいた隊員が任期を終えて帰国し、
一人任地になってさびしいです…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。